自閉症の男の子を抱えるシングルファーザーの奮闘記。学校とのやり取りや家族の話、息子の様子などをつづる。
リンクフリーです。


「ぼくうみ」を映画に!
要悔悟
逃避法
ノノパパの野望
見透かされる
涙の散髪
自閉症って暗い子?!
自閉症の考察 その1
自閉症とお付き合い
幼稚園時代
よわね
仕事が先か家庭が先か?
母子家庭と父子家庭
朝の戦争

2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
前月翌月

2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月

ノノくん
ノノパパ
自閉症
ジジとババ
ノノママ
ノノ兄

ノノパパは月へ?!
朝の戦争
Y先生ありがとう
ノノジジの怪
ラジオ体操
ブログお引越しと再開のおしらせ
ピアノ
ひさん、ってなに?
相撲大会
見透かされる

webmaster/ひさん、ってなに?

ボイストレーニング方法(おふざけボイストレーニング方法)
幼稚園時代(ノノパパのシングルファーザー迷走記)
「自閉症だったわたしへ」(ねむたくなぁい?)
ちょっとだけ遊べました。(SEパパの育児日記)
さて、4月になりました。(メンタルママの記録帳)
親近光速(もののはじめblog)
『闘い』→『対処』→『お付き合い』(パパはアスペルガー!)
トラバより。自律すると言うことについて。(自閉症スペクトラム白書)
【おすすめ】要悔悟(カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
「うつ病になったらどうしよう!」症候群(パパはアスペルガー!)



幼稚園時代
[ 自閉症 ] / 2005/03/21 13:50:39
幼稚園に入園させてもらってから暫くの間、ノノママは、ノノと一緒に幼稚園に通った。1つは、自分のことが全く出来ないことと、もう一つは、みんなと同じ場所に留まることが出来ないことの二つが集団生活をする上で大きな障害となるものだったからだ。
 その頃のノノは、食事も数種類のものしか口にせず、食器やスプーンなどにも強いこだわりがあった。だから園での食事はご飯のみか、ふりかけをちょっとかけたものを口に運んでやらなければ全く食べなかった。実際昼食は、食べない日が多かったくらいだ。そして排便の問題。結局ノノは、幼稚園の間中オムツを使っていた。トイレトレーニングは懸命にノノママも先生もやったが、彼はガンとしてトイレでは用をたさずにオムツにしかしなかった。実は小4になる今でも排便の問題は解決していない。
 もう一つが多動だ。まず同じところに留まらない。園児が集まって、園長先生の話を聞いていても、ノノはステージに上がって、園長先生の後ろで踊りのパフォーマンスを見せた。また、みんなが一斉に歌ったり、大きな音がすると耳をふさいでその場から逃げ去った。入園したばかりの頃は、園の外まで逃げて問題となったこともあった。
 はじめの年の運動会では、先生やノノママに手を引っ張られて泣きながらひきづられるように走る姿に絶望感すら感じた。
そんな状態が半年ほど続いただろうか。ノノママは、園に通わなくなった。通う必要がなくなったのだ。何が変ったのか?ノノは、相変わらず集団行動していなかったが、園の敷地から出ることが無くなった。彼は、自由気ままに園内を飛び回っていたが、どうやら自分のクラスを認識しクラスメイトも意識しているようだった。クラスの子達が何か別のことを始めると、必ずクラスに戻ってきて何をしているか観察して見切るとまた園内放浪に出る。といった感じだ。しかし次第に先生と手をつないで一緒に居られる時間が長くなってきた。排便に関してもオムツをしていたが、用をたすと自主的に職員室に知らせることが出来ようになったのだ。
 ノノママが通わなくなって彼は、段々その集団の中に居られるようになってきた。何よりも他の園児がノノがそこにいて当たり前で、ノノがなんかしでかそうとするとちゃんと先生に知らせてくれた。
 年長の年の運動会では、先生に手を引かれているが、自主的に一緒に走っているノノ姿を見ることが出来た。
 この頃になると、周りの園児たちとの係わり合いがとても自然になってきているのを感じた。はじめは、つまはじきにされているような感じだったが、お友達がノノの存在を認め、話しかけたり手を引いたりしている姿が多くみられた。もちろん話しかけても答えたり出来ないのだが。
そんな姿を見て小学校もこの子達と一緒に居られたらどんなにいいだろう!と思い始めた。しかし、この学区の小学校は1学年1クラスしかない小さな学校で、特殊学級は無かった。実際、同学区の1つ年上の自閉症の子は、別の小学校の特殊学級に通っていた。
 しかし、ノノママは、奮起した。校長先生や教育委員会やありとあらゆる所にノノパパの首根っこをつかんで嘆願に行った。「この子を地元で育てたいんです。地元の子供たちとの関わりを断ち切りたくないんです。」いろいろ陳情に行ったがどこでも色よい返事は貰えなかった。私は、わらをも掴む気持ちで、県議会議員や市議会議員などに陳情に足を運んだ。意外にも、地元選出の県議会議員は、「わかりました。絶対と言えませんがなんとかしましょう」などと言ってくれた。私は公約は破るためにあるからなぁなどど思ってそう気にも留めなかったのだが、やるべきことは、やったとゆう感じではあった。
地元の小学校への入学の知らせが届いた時、私とノノママは、狂喜乱舞した。本当に嬉しかった。
 こうして地元の小さな小学校にノノ一人の教室が出来上がった。
その奇跡は卒園式のときに起きた。卒園式を間近に控え、ノノはどのように卒園証書を受け取るのか気になった。入園のときは、ノノママが終始ノノの隣に座っていたが、卒園はどうするのか?ノノママが園に問い合わせたが、園で対応しますから、お父さんお母さんは、普通にいらしてくださいとのことだった。
 この園の卒園式は、1人1人の名前を読み上げて園長先生から証書を手渡す形になっていたので、ノノは当然先生に手を引かれて先生が受け取るんだろうと思っていたし、それより先にノノが卒園式の間中椅子に座っていることなどありえなかったので、あまり恥ずかしいことしてくれないように願っていた。
 卒園証書授与が始まると、前の列から三人ほどが整然と檀の上に上がり、名前を呼ばれると園長先生の前に行って証書を受け取る、そして順次檀の上に上がる形式だった。ノノは、長い時間座っていられないからきょろきょろしたり声を出したりしたが、その都度ノノの両隣のお友達が手を握ったり制止したりしてくれていた。脇に先生などいなかった。これは、どうゆうことかと思ってみていたら、両隣のお友達がノノの手を取って立ち上がり、ノノを壇上に連れて行った。スムーズにだ。そして、ノノの前の子が証書をもらってもその場を立ち去らず、ノノの番になると次の子と一緒に手をつないで証書を一緒に受け取ってくれた。そして前の子と一緒に手をつないで檀を降り、何事も無かったかのように自分の席に戻った。
 何が起こったのか理解できないくらい衝撃的だった。ノノが、先生も親も介添え無しに何かを成し遂げた姿を始めて見た。この子達と先生に感謝の気持ちでいっぱいになった。この子達と一緒に小学校に行けてほんとに良かったと思った。
 涙が止まらなかった。傍らでノノママが目を覆っていた。「ちゃんとビデオとったぁ!」と私を小突きながら。

 つづく
こめんと ( 13 ) | とらっくばっく ( 0 )



<前のページへ 次のページへ>


 コメント
いかん、また涙が。 ( うさこ86)
2005/03/21 19:13:58
幼稚園時代の様子がtakuとダブり、また想い出して泣けてきました。

教室にじっとしていられなかった。
園内を1人で探検して回った。
みんなと一緒にお遊戯もできないし、歌も歌えない。
絵が描けない。
製作が出来ない。
おもらしも頻繁にした。
給食を食べない。
年少の運動会は泣き顔で始まり、泣き顔で終わった。

そして、先生にいつも怒られました。
これは、後で改善されたのですが。

一つ一つを想い出すと、随分出来ない事が多かったけど、卒園するにあたり息子の成長をこんなにも喜べる事が、何より嬉しい。
健常の子供たちが水溜りを飛び越えるくらいの出来事も、この子達にとってはドーバー海峡を泳いで渡るような、過酷な試練であったのかもしれないと思うと、どんなささいな出来事にも感動できる。頑張った息子をうんと褒めてやらないといけませんね。

ノノくんの卒園式、とても感動的です。
私もtakuがちゃんと卒園証書を受け取れるのかハラハラしながら見ていました。
他の親御さんたちは、そんな心配はしていないみたいでしたが…。
良いお友達に恵まれて、本当に良かった。
そして、地元小学校入学に向けてノノママさんも頑張ったんだなぁ。ホントに偉いと思います。
ちょっと頑張りすぎて疲れちゃったのかな。
バイタリティのある行動派のノノママと、落ち着いて冷静に判断できる優しいノノパパ。
いいコンビだと思います(^ー^)




Unknown
( TAKAちゃん母)
2005/03/21 19:22:00
おんなじだなぁー
思い出しちゃいました、あのころを・・・

苦労されてね特殊学級を新設されたんですね。ノノパパもノノママもすごいです。
私には、そこまでの行動力はないです。
子を思えばこそ! ですね。

卒園式も感動です。
子どもの成長を感じますよね・・・
ノノくん  エライぞー! すごいぞー!

事後報告になりますが
blogをリンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
うさこ86さん ( ノノパパ)
2005/03/21 20:26:02
 いつも暖かいコメント頂き、ほんとうにありがとうございます。
 苦労も多い分喜びはほんとにひとしおです。

 taku君も小学校に行って、もっともっと成長して嬉しい姿を沢山見せてくれると思いますよ。

 ノノママは、今でも「私は途中で投げ出したけど、あの時の頑張りだけは、自慢できる」と言ってます。
 私もノノママの頑張りがあったからこそ今のノノが居るんだと感謝しています。  ・・たとえカズマと呼ばれても
TAKAちゃん母さん ( ノノパパ)
2005/03/21 20:31:28
 TAKAちゃん母さんいつもありがとうございます。

 ノノは、絵も字も今でも得意じゃないので、TAKAちゃんの才能がうらやましいです。
 でも、それぞれのいいところを見つけて伸ばしてやるのが親の一番の務めだと思ってますのでこれからも頑張りたいと思います。

 リンクありがとうございます。
感動でしたね ( 杏子)
2005/03/21 21:46:46
子どもたちの成長、ほんとに感動ですね。
それにも増して、周りの子どもたちの優しさや
自然な対応、いくつになっても涙ものですよね。
そして、お二人の行動力には頭が下がりますm(_ _)m
さっき言い忘れましたが ( 杏子)
2005/03/21 22:41:38
ブックマークの整理してます。
お仲間に入れさせてくださいね♪
杏子さん ( ノノパパ)
2005/03/21 23:32:26
杏子さんコメントありがとうございます。
子供が大きくなるにつれ親も成長しないとだめですね。
また、いろいろ教えてください。
リンクありがとうございます。
感動の卒園式でしたね。 ( みちこ)
2005/03/22 8:01:38
ノノママさんの頑張りようが伝わってきますね。
私の地域でも学年一クラスなんて
ざらです。
特殊学級ももちろんありません。
私自分の手で開拓していかなくてはならない現状です。
ノノパパさん元(!)ご夫妻の勇気と行動力をここで称えてあげたいくらいです。
今もノノ君のそばで頑張ってるパパさん、
きっと、そばにいて一緒に伴走してくれる人が出来ますよ。そんな予感がします。





穴はどこだ? ( いい婆さん)
2005/03/22 9:58:29

婆さんがデカイ声で泣いて良い穴はどこじゃ〜?
毎日「面倒くさいなぁ」とボヤイてしまう婆さんが身を隠す穴はを探しておくれぇ〜〜。

ちゃんと「やるべきことをやれる」人に婆さんもなりたい・・。
暫し婆さんは穴で修行してきます。


ノノ君の卒園証書は確かにノノ君の手に授与されたわけだが、ノノママさん、ノノパパさんにも、そして、特別な目立つ方法ではなく自然にノノ君も卒園証書をもらえるように手順を考えてくれた先生達にも卒園証書をあげたかったなぁ。

ノノママさんとノノパパさんの嘆願行脚はすごい。
諦めないとはこういうことを言うのであろう。
ノノママさんに聞いてみたい、嘆願行脚へのエネルギーはなんだったのでございましょうか?・・と。(わかっちゃいるけど聞いてみたい)

「園内放浪」を認めてくれた園長先生も本当にノノ君をよく見てくれていたのだと思われますなぁ。

ところで、自然でスムーズな感動のビデオはちゃんと撮れておったかのう?(すご〜く心配w)

みちこさん ( ノノパパ)
2005/03/22 10:56:10
みちこさんコメントありがとうございます。
今考えると、小学校に入るまでがとっても大変で入ってからは、ぐっと手が掛からなくなりました。
ノノママも頑張りすぎて小学校に入ったら気が抜けてしまったのかもしれません。
私もこれから中学はどうするのか不安でいっぱいなんですが、みんなで情報交換して頑張っていきましょう!
いい婆さんサン ( ノノパパ)
2005/03/22 11:09:06
いい婆さんサン、コメントありがとうございます。
皆さんもほんとうに一生懸命やってらっしゃるのがブログを通してとても感じられます。

ノノママは、当時本当に一生懸命頑張りました。ノノをどうしても地元のお友達と一緒に育てたかったようです。
一方で、同地区に居る自閉症児の親御さんは地元で育てるのは可愛そうだと考え、自閉症児大勢いる小学校に入れました。
結果的にどちらが良いのか私には分かりませんが、ノノママの直感を信じて方針を貫きたいと思っています。
パパ「どうして地元じゃ無いとダメなの?」
ママ「だって通学させるのめんどくさいでしょ!」
と言ってました。

PS.ビデオは何とか撮れてましたよ。写真はそのビデオからのキャプチャです。
Unknown
( ふーぱぱ)
2005/04/12 4:34:19
ノノパパさん、おはようございます。


小学校入学に際して、大変な思いで奔走したこと、お友達がフォローしてくれたこと、いずれも我が家でも同様な出来事がありました。

小学校入学に際しては、ごく普通に地域の学区の小学校に入れて、地域で育てたい。地域のお友達と一緒に生活させたいと考えていました。

幼稚園生活では、特に女の子なんですが、「ふー」のお世話係がたくさん居て、行事のたびに補助してくれました。

小学校生活も2年生までは、お世話係的な存在の女の子が数人いますが、これから高学年になっていくに連れ、はたしてどうなるだろうかと、やや不安に思う事があります。


ふーぱぱさん ( ノノパパ)
2005/04/12 13:41:47
ふーぱぱさんこんにちは。

ノノにもお世話係のお嬢様がたがおります。

やっぱり、高学年の女の子が世話をしてくれるのが
多いので、学年が上がっていくにつれて少なくなって来ているようです。

でも、その分自分で出来ることが増えますからちょうどいいのかもしれませんね!


お名前
タイトル
URL
MAILアドレス  ※MAILアドレスは、blogオーナーにのみ公開されます。
コメント
規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。
※左のひらがな5文字を
 入力してください。

  この記事のTrackback Ping-URL
http://blog.e-bbs.jp/nonopa/tb/aa310.tb




※順不同で〜す
ご希望の方、削除の方ご連絡下さい
 

▼・w・▼ あしあと ▽・w・▽
パパはアスペルガー!
SEパパの育児日記
自閉症スペクトラム白書
私の1番星
ふたば&り-日記
バツイチおやじの生き方
Ψ2525.comΨ

ブログの作成・編集 ブログの作成・編集