自閉症の男の子を抱えるシングルファーザーの奮闘記。学校とのやり取りや家族の話、息子の様子などをつづる。
リンクフリーです。


「ぼくうみ」を映画に!
要悔悟
逃避法
ノノパパの野望
見透かされる
涙の散髪
自閉症って暗い子?!
自閉症の考察 その1
自閉症とお付き合い
幼稚園時代
よわね
仕事が先か家庭が先か?
母子家庭と父子家庭
朝の戦争

2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
前月翌月

2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月

ノノくん
ノノパパ
自閉症
ジジとババ
ノノママ
ノノ兄

ノノパパは月へ?!
朝の戦争
Y先生ありがとう
ノノジジの怪
ラジオ体操
ブログお引越しと再開のおしらせ
ピアノ
ひさん、ってなに?
相撲大会
見透かされる

webmaster/ひさん、ってなに?

ボイストレーニング方法(おふざけボイストレーニング方法)
幼稚園時代(ノノパパのシングルファーザー迷走記)
「自閉症だったわたしへ」(ねむたくなぁい?)
ちょっとだけ遊べました。(SEパパの育児日記)
さて、4月になりました。(メンタルママの記録帳)
親近光速(もののはじめblog)
『闘い』→『対処』→『お付き合い』(パパはアスペルガー!)
トラバより。自律すると言うことについて。(自閉症スペクトラム白書)
【おすすめ】要悔悟(カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
「うつ病になったらどうしよう!」症候群(パパはアスペルガー!)



ノノジジの家事
[ ジジとババ ] / 2005/04/18 20:59:23
 
 ノノジジは、神経質で無口な人だ。ノノババが生きていた頃は、家事の一切をノノババがやってノノジジは、どちらかとゆうと「お茶!」「新聞!」「風呂!」ってタイプの人だった。
 小さい頃私は、そんな父がいやだった。母は、朝から晩まで働いて家事一切をして私を育ててくれた。父は、サラリーマンだったが、土日は休みでは無く、盆も正月も関係なし、おまけに交代制の勤務で不規則な生活だった。だから、私が小さいとき家族旅行などした覚えも無いし、せいぜい日帰りで海に行った記憶しかない。だから、私は、いつも鍵っ子で、母がとても大変だなぁと思っていた。母は、なぜあんな父の言うことを笑顔でハイハイ聞いているんだろうと不思議にさえ思えた。

 父は、母より5歳年下で、職場結婚だったようだ。どんな恋愛があったのかは、わからないが、息子の私が言うのもなんだが、若い時の写真を見ると二人ともそれなりに美男美女って感じだ。二人の間には、私のわからない愛情や絆があったのだろうと思う。
 散々苦労させてしまった母は、休むまもなく孫(ノノ兄)の面倒を見て、やっと少し手が掛からなくなった頃に亡くなってしまった。これから少しは父と旅行にでも出そうと思っていたのに。

 母が亡くなってから、家事一切は、ノノママの仕事となった。父は、ノノママの食事に文句を言うことは無かったが、一緒に生活している以上、子供のことや生活の細かいところで口が出たりすることもあった。
 ノノママにとっては、そうしたこともかなりストレスだったことだろう。
 
 ノノママが、病床に臥すようになり、段々家事が出来なくなって行くと、その分私が家事をしなければならなくなった。
 私が夜遅く仕事から帰ってくると、流しには1日分の食器が山積みであった。洗濯物も山積みになり、夜中に洗濯をした。そんな状況でもノノジジは、家事一切に全く手出ししなかった。
私は、父は、そういう人だと思っていたので、それが当たり前で何の不自然さも感じなかったが、ただただ母は、よくケンカもせずに頑張ってきたなぁと感心した。
 ノノママが、入院し家事の全てが私の仕事になっても父は、相変わらすだった。それでも、ノノを学校に迎えに行ってくれたし、私が居ない間は、みていてくれていた。
ノノママと離婚することになった時も、うちの中の生活は、何ら変りはなかった、1年もノノママは家に居なかったしノノ兄には離婚したことを未だに説明していない。だから、生活はなんら変ることがなかった。
 そんなある日のことだ、我が家に異変が起こったのは。
 私は、いつも一旦会社から戻り、夕食を出してから会社に戻って仕事をする。ノノを寝かせる時間になると帰宅してノノを寝かせつる。それから食器洗いや、洗濯、時には掃除も夜したりする。朝は、何かと忙しくて結局夜になってしまうのだ。夜中にこっそり洗濯物を干しすのは、結構ほねがおれる。音を出さずにしわを伸ばすのはコツがいる。
 それでも、夜疲れて寝てしまうこともある。そんな時は朝バタバタと洗濯したりするのでつい洗濯機に洗濯物を残したまま出社して、夜にまた洗濯する羽目になったりする。
 
 そんな時でも、ノノジジは、「洗濯機に入ったままだぞ」などと言うだけで一切家事はしてくれなかった。

 ある朝私は、出社してから洗濯物を洗濯機に入れたままにしていたのを思い出した。でも、その日は忙しくで抜け出して干す訳にも行かず、帰ってから洗いなおそうと思っていた。
 そうして夕食を出しに家に戻ると、ん?夢か幻か?洗濯物が干してある。もしかして私が朝干したのを忘れていたのか?いや、そうではない。明らかに私の干し方と違っていた。
 ノノジジが干してくれたのだ。ノノジジは、顔を合わせてもそのことは何も言わずいつもの通りだ。私も「ありがとう」と言うのが照れくさくてそのままになってしまった。
 次の日の朝、ノノジジが、「洗濯機ってどうやって使うんだ?」と聞くので、照れくさいのもあって私もぶっきらぼうに「洗濯物入れて、洗剤入れて、スイッチ押すだけ!」と答えると「それでいいのか。」と。
「もう、時間が無いから行ってくるよ!」と言って家を出た。もしかして洗濯してくれるのだろうか?それよりも洗濯機の使い方を聞いてくれただけで、ほんとは嬉しかった。ノノババが生きていたらどんなに驚いたことだろう。ノノババが生きているうちに言ってあげてほしかったのに。そんな思いで胸が詰まった。
 帰ってくると、洗濯物が干してあった。神経質な父の性格を反映してカッチリきれいにほしてあった。ほんとは胸が熱くなったのだが、「どうも。」とぶっきらぼうに父に言うと、父は、何も言わずただうなずいた。
 それから、ノノジジは、ノノの入浴や、ちょっとした掃除もしてくれるようになった。
こうして、ノノジジのありがたい家事がはじまった。

こめんと ( 10 ) | とらっくばっく ( 0 )



<前のページへ 次のページへ>


 コメント
はじめまして ( こうめ)
2005/04/18 21:37:01
わがままひめさんのトコロから来まして、こっそりとロムしてました・・・
 
泣いてしまいました、ノノジジさん・・・

上手く言えないのですが、うーん「終わりよければ」いや違うな、うーん・・・
 
すみません、今日は療育へ行ってきたので少し変です私。
 
また来ます。
Unknown
( ふーぱぱ)
2005/04/19 5:15:25
おはようございます。ふーぱぱです。

ノノジジさんは、きっと前からノノパパさんの大変さが分かっていたのででしょう。

昔ながらの父親としての威厳?やテレもあってなかなか言い出せなかったのでは?
そして、洗濯物を干し忘れたのがきっかけとなって、何とかノノパパさんをフォローしてあげたいとノノジジさんも思って行動にでたのでしょう。

学校の迎えなどの他に家事まで手伝ってもらえたら、ノノパパさんの負担がかなり軽減されるんじゃないですか?

ノノジジさんもりっぱな支援者の一人ですね。










こうめさん ( ノノパパ)
2005/04/19 10:30:56
こうめさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

こっそりとロムして頂いていたんですね。

これからもよろしくお願いします。

ふーぱぱさん ( ノノパパ)
2005/04/19 10:33:45
ふーぱぱさんこんにちは。

ノノジジが居ないと実際的には、生活が成り立ちません。

照れくさくて言えませんが、感謝しています。


泣けちゃいます。 ( みちこ)
2005/04/19 10:39:04
こんにちは。
お父様の心を揺り動かしたのは、
ノノパパさんの頑張りだと思います。
私も、時折家事一切何にもしたくなくなる時があると、
夜の食事の片づけを朝にしようと残したまま寝てしまう時があります。
昨日もそうでした〜。
すると、夜中に帰ってきた主人が
片付けててくれてました。
いつもなら、恩着せがましく
「片付けてやったから〜。」などと申告してくるのですが、今日は何も言わずに職場に向かいました。
主人に感謝しなくてはなりませんね。
皆で助け合ってるんですものね。

いいお話、ありがとうございました。


みちこさん ( ノノパパ)
2005/04/19 14:49:52
みちこさんいらっしゃいませ!

いい旦那さんですね!
みなさんいい夫婦でうらやましいですね。

今日の帰りは、ドキドキですね。
また、後で見に行きます!
ありがとう ( うさこ86)
2005/04/19 20:34:17
ありがとうの言葉。
近しい人にこそ、なかなか照れくさくて普段あまり言えないんですよね

ノノパパがノノ君を可愛いと思うように、ノノじじさんもノノパパが可愛い(親と呼ばれる年になっていても)んでしょうね。
昔の男親は特に、優しい言葉や素振りをするのが苦手。心では、ずっとノノパパの忙しい毎日が気になっていたんだと思いますよ。
けど、自分からはなかなか言い出せない。
『威厳』なんていう文字が頭をチラついたりして…。

(一言頼んでくれれば、いつでも手伝ってやるのに)なんて、もどかしくて仕方なかったのかもしれませんね。
自分が手伝うつもりがなければ、洗濯機の中に洗濯物が残っているのを知るはずもありませんから。

私の父は母より24歳も年上でした。
なので、その影響を多分に受けた弟も「威厳」にこだわる人。私にも「頭を下げて頼め」というような奴ですが、心が優しい事はわかっているのです。ただ本人はちょっとカッコつけたいみたいで
私もそれを承知の上で、「お願い」するんです。そんな時の弟はとても満足げで、喜んでこちらの願いを聞き入れてくれます。

男って、かわいいわね
うさこ86さん ( ノノパパ)
2005/04/20 0:43:05
うさこ86さんありがとうございます。

なかなか親父の前では、素直に「ありがとう」とは言えないんですけどね。

おふくろにも「ありがとう」を言いたかったけど、結局言ってやれなかった。

思った時に感謝の気持ちを言わなきゃダメなんだろうね(^^;

ありがとう! ( ミンティー)
2005/04/20 12:06:49
2週間前にはじめてノノパパの文章を読んで、感動したり、心配になったりして、しばらく寝付けなかった私です.ノノジジの文章、目頭が熱くなりました。みんないい人たちなんですね、ノノの家族は!!!勇気づけられました。ありがとう
ミンティーさん ( ノノパパ)
2005/04/20 17:21:06
ミンティーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

読んで下さって、ありがとうございます。
ご心配お掛けしちゃいましたか?ごめんなさい。

これからも、よろしくお願いします。
お名前
タイトル
URL
MAILアドレス  ※MAILアドレスは、blogオーナーにのみ公開されます。
コメント
規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。
※左のひらがな5文字を
 入力してください。

  この記事のTrackback Ping-URL
http://blog.e-bbs.jp/nonopa/tb/aa320.tb




※順不同で〜す
ご希望の方、削除の方ご連絡下さい
 

▼・w・▼ あしあと ▽・w・▽
パパはアスペルガー!
SEパパの育児日記
自閉症スペクトラム白書
私の1番星
ふたば&り-日記
バツイチおやじの生き方
Ψ2525.comΨ

ブログの作成・編集 ブログの作成・編集