自閉症の男の子を抱えるシングルファーザーの奮闘記。学校とのやり取りや家族の話、息子の様子などをつづる。
リンクフリーです。


「ぼくうみ」を映画に!
要悔悟
逃避法
ノノパパの野望
見透かされる
涙の散髪
自閉症って暗い子?!
自閉症の考察 その1
自閉症とお付き合い
幼稚園時代
よわね
仕事が先か家庭が先か?
母子家庭と父子家庭
朝の戦争

2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
前月翌月

2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月

ノノくん
ノノパパ
自閉症
ジジとババ
ノノママ
ノノ兄

ノノパパは月へ?!
朝の戦争
Y先生ありがとう
ノノジジの怪
ラジオ体操
ブログお引越しと再開のおしらせ
ピアノ
ひさん、ってなに?
相撲大会
見透かされる

webmaster/ひさん、ってなに?

ボイストレーニング方法(おふざけボイストレーニング方法)
幼稚園時代(ノノパパのシングルファーザー迷走記)
「自閉症だったわたしへ」(ねむたくなぁい?)
ちょっとだけ遊べました。(SEパパの育児日記)
さて、4月になりました。(メンタルママの記録帳)
親近光速(もののはじめblog)
『闘い』→『対処』→『お付き合い』(パパはアスペルガー!)
トラバより。自律すると言うことについて。(自閉症スペクトラム白書)
【おすすめ】要悔悟(カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
「うつ病になったらどうしよう!」症候群(パパはアスペルガー!)



仕事が先か家庭が先か?
[ ノノパパ ] / 2005/02/27 12:45:40


 仕事をしてお金を稼がなければ、生活が出来ない。仕事の都合を立てれば家庭のことはできない。これを両立させるのがなかなか難しいのは私ならずも多くは同じだろう。そこで夫婦の分担があるのだろうが、分担内容については、それぞれお互いを推し量るのには限界もあるだろう。こと子育ての分担は、その考え方はまちまちだ。

 私は、数年前まで大手電気メーカに勤めるサラリーマンだった。仕事は、忙しかったし、帰りも遅く休日もたびたび出勤していた。しかし、それらは当然のことでなんの疑いもなく生活費を稼ぐことが家庭を守ることだとでも思っていたのかもしれない。
 子供や家庭のことはノノママに任せっきりになってた。いやその当時の私は、仕事が忙しいのに十分家庭サービスをする奇特な夫だと思っていた。たとえわが子が自閉症だと知らされても、生活するにはまず仕事だと。。。そんな愚かな考えが崩れ去る日が着々と近づいているとも知らずに。

 ノノママは、ノノに掛かりっきりになっていた。精一杯限界を超えていた。今思えば、そうゆうサインを私が見逃していたのだろう。ノノママは段々体調の悪さを訴えるようになった。どこが病気とゆうわけではないのだが。
 
 私は、ノノママが連れて行っていた自閉症の支援施設や児童相談所や療育センターや小児科や役所の福祉課や.....いろんな所に同行した。そして分かった。これはノノママに任せておいてそれでいい問題じゃないと。物理的な負担も当然あるが、それ以上に精神的な負担が大きかった。ノノを連れて歩くだけでも相当大変だった。

 ノノママは、ノノババが突然亡くなってしまったこともあって、どんどん具合が悪くなっていった。精神科から買い物袋ほどの薬を持ち帰るようになっていた。私も仕事を休んだり早退したりせざるを得なくなった。会社は、表向きは家庭の事情で便宜を図る様な感じではあったが、当然そんな甘いものではない。転勤の話が持ち上がった。

 昔の私なら転勤なんて当然だと思っていたし、実際転勤に応じる以外のことは考えもしなかっただろう。ノノには、生活する場所(環境)が重要であったしその場所を与えるのが一番重要なことだ。お金がなければ生活できないのは事実だが、生活自体を失ったらお金は無意味なものだ。

 私は、会社を辞めた。仕事や生活の目処など全く無かった。でも正しいと思った。私が守らなければだれが守るのだろうか。


 今は、既にノノママも居ない。仕事は、細々と自分で出来ることをやってお金を稼いでいる。でも、不思議なことに沢山お金を貰っていたあの頃よりも今の貧乏生活の方が充実感がある。お金では買えないものは確かにあるのだ。
 
こめんと ( 8 ) | とらっくばっく ( 0 )



<前のページへ 次のページへ>


 コメント
うちの旦那は・・・ ( かうす)
2005/02/27 23:42:20
 ノノパパさん、こんばんは。
 うちの旦那の仕事は、スーパーバイザー(?)で出張ばかりの仕事です。今も1週間出張中です。これは非常に短いほうで、たいてい2ヶ月から半年は居ません。
 たいていの人は、「出張のない職場に変われないの?」と言うのですが、今の職場は、私の病気の事、子供の事で転属した所。これでも、以前の職場より「出張が短く、すぐに帰れる出張先」になったのです。以前の所は、何年で海外も多い所だったので。
 やっぱり、家族に「病人・障害者」が居ると、会社は気を使ってなのか、転属の話を出してきますね。
 旦那は、前の職場に未練があるようでしたが、変わってくれたので、これ以上は言えない所があります。
 なので、ほとんど2人の自閉ちゃんを私1人でみています。
ノノパパさんは鏡です。 ( みちこ)
2005/02/28 0:15:40
こんばんは。お邪魔します。
私の夫も転勤族だったのですが、
転勤しない族に変えてもらいました。
自閉症児は環境の変化に敏感らしいし、
これ以上の苦労を背負うことは
私にも負担だったのでお願いしました。
それでも、早朝出勤、深夜帰宅なんてざらです。
休日出勤もたびたびです。
おかげで、自閉症の次男が夫と一緒に風呂に
入ることも、寝ることも拒むようになってきました。
いまだに夫は”次男は大器晩成型だ”とのんびりしています。
こんなんで、いいんでしょうか(笑)
ノノパパさんとあってお話したいくらいです。



Unknown
( ぽち)
2005/02/28 2:05:00
子供がいればどこの家庭でも同じように考える問題ですよね。
仕事が忙しく、泊まりもあった(今もありますが・・・)
前の職場では、息子に『今度はいつ会える?』
って聞かれることがしょっちゅうでした。
転職して、今はしっかり子供との時間が取れるように
なりましたが・・・お金は・・・(笑)

でも、ノノパパさんのおっしゃるとおり、お金では買えないものを
大事にする生活のほうが、充実感ありますよね。
かうすさん ( ノノパパ)
2005/02/28 12:20:47
かうすさん、コメントありがとうございます。
 やはり、夫婦で上手く分担していくのが一番いいんでしょうけど、仕事も確かに必要ですからね。
 実質的にどこの旦那さんも子供のことをあまり見れないのが現状だと思いますので、大変な想いをしている奥様のケアをちゃんとするのが大事なことなのですが、なかなか難しいことで。。。
みちこさん ( ノノパパ)
2005/02/28 12:26:39
みちこさん、コメントありがとうございます。
 どこの旦那さんも転勤や仕事時間などの便宜を図るために会社で苦労していると思います。私も、したい仕事が出来なかったり、肩身の狭い思いをしたりしました。それでもなお、この子供たちの療育には父親の理解と協力は不可欠ですね。
ぽちさん ( ノノパパ)
2005/02/28 12:28:54
ぽちさん、コメントありがとうございます。
 難しい問題なのですが、やはり一番大切なものは何かとゆう価値観を一致させないとだめなんだろう思います。
 私は、貧乏でもノノの成長する毎日を共に過せることが、とても幸せです。
Unknown
( たららん)
2005/02/28 18:57:45
はじめまして。
ノノくんと同じ小4自閉症の息子をもつ たららんです。
ノノパパの お金じゃ買えないものが確かにある。って言葉 すきだなー。
私は母子家庭暦も長く9年 今ではすっかり この生活が快適な毎日です。
もちろん 仕事も子育ても大変だけれど、、、(本当に子育てにおいては 大変すぎた時期がありました)
自閉症児をかかえて 母子家庭は本当に多いんですけれど、、、(^_^)v
これが うちのスタイル!と いいきれるような自信もでてきたこのころです。
ノノパパにエールを送ります。
ぼちぼちね。
たららんさん ( ノノパパ)
2005/02/28 19:44:40
 たららんさんはじめまして。
 コメントありがとうございます。
 子育ては、みんな大変ですよね。
 私も早くうちのスタイル!って言える様にぼちぼち頑張ります。
 これからもよろしく。
お名前
タイトル
URL
MAILアドレス  ※MAILアドレスは、blogオーナーにのみ公開されます。
コメント
規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。
※左のひらがな5文字を
 入力してください。

  この記事のTrackback Ping-URL
http://blog.e-bbs.jp/nonopa/tb/aa294.tb




※順不同で〜す
ご希望の方、削除の方ご連絡下さい
 

▼・w・▼ あしあと ▽・w・▽
パパはアスペルガー!
SEパパの育児日記
自閉症スペクトラム白書
私の1番星
ふたば&り-日記
バツイチおやじの生き方
Ψ2525.comΨ

ブログの作成・編集 ブログの作成・編集